知っておきたいプラセンタ注射の情報
Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

プラセンタ注射の有用性

プラセンタの高い効能に注目されています。
それ故に現在では様々な摂取方法が考案されています。
サプリメントやドリンク、さらには化粧品や化粧水に配合されるようにもなっていますが、
近年もっとも注目を集めているものの一つに「プラセンタ注射」が挙げられます。

サプリやドリンクとの最大の差異は直接身体に取り込むことが出来るという点です。
それ故に即効性も期待することが出来るとされています。

とはいえ、医療行為になるため美容クリニックなどの医療機関でしか施術を受けられません。
さらにリスクやデメリットをしっかりと把握しておく必要もあるでしょう。
ここでは、それらの情報をまとめ、解説しています。

メリット

注射によるメリットで真っ先に挙げられるものといえば「即効性」でしょう。
さらに身体に直接取り込むことになるので、効果を最大化することにもつながります。

厚生労働省の認可を受けているので安全にたいする基準はクリアしていると考えて良いでしょう。
また、保険が適用されることもあるので、ある程度リーズナブルに施術を受けることも可能です。

一般的には美容にために摂取方法として注射を選ぶことが多いようです。
上記の保険が適用される例は肝臓機能や更年期障害の治療として施術がなされる時に限ります。

↓アンチエイジングにもプラセンタ

デメリット

注射に用いられるものは製造過程で熱・滅菌処理がなされており安全性は高いといえます。
しかしながら100パーセント安全なものかと言えば、そうではありません。
ある程度の安全性は確保されていても、完全に安心できるものとは未だ言えないのが現状です。

だからこそ、副作用やリスクを把握することが必要です。
ここでは、そういった部分の詳細な解説をしています。

まず美容に対して効果を期待して注射を打つ場合は、先述したように保険が適用されません。
その為、ある程度の費用がかかることを念頭に置きましょう。

また、感染症を引き起こす可能性も完全には否定できないというのが現状です。
今迄には、そういった例はないそうですが、理論上僅かながらに可能性はあるようです。

ヤコブ病を引き起こす可能性が代表的な例で、主に懸念されている代表的な例です。
これはプラセンタのタンパク質による身体の各部、主に脳への影響が考えられる為であり、
それ故に注射を受けた人は献血をすることが法律上、禁じられています。

一週間に数回のペースで注射を打たなければいけないというのもデメリットかもしれません。
一回当たりは短時間でも、時間の余裕がない人はなかなか注射を打てない可能性もあります。
その場合はドリンクやサプリメントの方が良いかもしれません。
プラセンタ注射の種類についてはこちら。

トップに戻る