Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

アトピー性皮膚炎にプラセンタ

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能の低下やハウスダストが原因で起こるといわれています。
また、アトピー性皮膚炎はストレスが関係しており、完全に治すことは難しい病気です。
最近の研究で、アトピー性皮膚炎にプラセンタが有効であることが分かりました。
今まではアトピー性皮膚炎の治療をするためには、ステロイド剤を使った治療が主でした。
ただ、ステロイドは強い薬でアトピーの症状を軽減できますが、根本的にアトピーを治すことが難しい薬です。
さらに、薬の力が強く長期間使い続けていると皮膚の細胞を破壊してしまい、皮膚が薄くなってしまいます。

プラセンタには、コンドロイチン硫酸やオメガ3系の不飽和脂肪酸が含まれており、これらの成分が白血球を正常に働かせ、痒みを引き起こす異常なリンパ球を取り除く力があるとされています。

そして、プラセンタには、繊維芽細胞を増やす力があります。
繊維芽細胞が増えると、皮膚の表面と角質層を健康に保てます。
皮膚のターンオーバーサイクルも正常に働かせるため、きれいで健康な肌を生み出すことができるのです。

アトピー性皮膚炎をプラセンタで治療をする場合は、まずは皮膚科の医師に相談をしてみましょう。
プラセンタの注射や内服は副作用はないのですが、アトピー性皮膚炎の症状によっては使えないことがあります。
アトピー性皮膚炎で皮膚がじゅくじゅくしているような場合は、体の中に余計なものを入れることで悪化する場合があります。
プラセンタでの治療ができるかどうかは症状によるため、まずは医師に相談してみましょう。

トップに戻る