Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

プラセンタと肝臓の深い関係性とは

プラセンタは、美を求める女性が美容外科で処方してもらうもの、またはプラセンタサプリはアンチエイジング目的に女性が飲むもの、とイメージしがちですが医療目的で処方されることもあるということをご存知でしょうか。
胎児を育てるための胎盤から抽出されているプラセンタには、細胞の生まれ変わりを促し、そして育てるために欠かせない「成長因子」が含まれています。
そしてアミノ酸などの健康な細胞を生み出すのに必要な栄養素も含んでいます。
この成長因子が肝炎や肝硬変、その他肝機能障害の治療に役立つのです。

プラセンタ注射が治療の代表例ですが、れっきとした治療方法として確立されているもので、保険適用の治療です。
肝炎をはじめとする肝機能障害の多くは、アルコールやウィルス感染によって過剰に発生した活性酸素によって、肝臓の細胞がダメージを受けて炎症を起こしている状態が引き金で起こると考えられています。
肝臓はその機能を果たすために酸素を多く消費しており、そのために体の各機能の中でも一番多くの活性酸素が発生する場所です。
常に大量に発生し続ける活性酸素により肝臓はダメージを受けやすい状態にあります。

プラセンタの効果は細胞の生まれ変わりを促進するだけでなく、活性酸素除去する抗酸化作用も認められています。
また、抗炎症作用も持ち合わせていますので肝臓で起こった炎症を抑え込むことに対しても効果を発揮するのです。

プラセンタによる治療は気長に根気よく取り組む必要があります。
プラセンタを注射したら即肝機能が回復するというものではなく長い時間をかけて根気よくプラセンタを摂取することで少しづつ肝臓の本来の機能を取り戻していくというイメージです。

トップに戻る