Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

プラセンタを使用する際は蕁麻疹に注意!

プラセンタは母体の中で胎児に各種栄養成分や成長因子の供給、排泄物などの処理を行っており、アミノ酸やタンパク質、ビタミンやミネラル、酵素などのあらゆる栄養素が豊富に含まれています。
そんな万能なプラセンタですが、場合によっては重篤な副作用を引き起こすことがあります。
そのうちの一つが蕁麻疹です。

プラセンタの原料は胎盤ですが、ブタやウシ、ウマやヒトなどの種類があり、摂取しているプラセンタの原料が体質的に合わない場合に、蕁麻疹が出ることがあります。
摂取しているプラセンタがアレルギーを引き起こしていることが原因です。
その場合には摂取を中断して医師に相談し、症状の悪化を抑えることが必要です。

また、吸収率の高いプラセンタ注射で摂取した場合、吸収率が良いために身体に全ての成分を吸収することができず、蕁麻疹が出てしまうことがあります。
重篤な場合にはショック症状や痙攣、呼吸困難を伴うこともあるため、プラセンタ注射の摂取後に身体に異変が生じた場合には、すぐに医師に相談して対処してもらいましょう。

普段からプラセンタを摂取しているので大丈夫という人も、体調によって蕁麻疹が出ることがあります。
普段は免疫力があるために問題がなくとも、身体が弱っているときや疲れている時などは、アレルギーを引き起こす可能性があるのです。
その場合にはしばらく摂取を控えて身体を休めて症状が落ち着くのを待ち、不調が続くときは医師に相談するなどの対処をしましょう。

トップに戻る