Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

気になるプラセンタの副作用

プラセンタは医療機関(皮膚科系疾患、内科系疾患、婦人科系疾患など)のみならず、美肌や老化防止など美容効果があることでも注目されています。
その反面、副作用も気になりますので今回はプラセンタの副作用について解説します。

まずプラセンタは摂取する方法により使われているプラセンタの種類が異なります。
病院など医療機関で扱われているプラセンタ(内服薬や注射)には人から採取したプラセンタのみ使用されています。
一方、ドラッグストアなどで売られているサプリメントには動物由来のプラセンタが使われています。
豚由来のプラセンタが一番多く出まわっていますが、近年、馬由来の製品も増えています。

人や動物の胎盤エキスを身体に摂り入れて本当に大丈夫かどうか心配になりますが、結論から申しますと重大な副作用はほぼ起きていないといっていいでしょう。
なぜならば人間の胎盤を使用する場合は、限定された製薬会社で徹底した管理下で生産されています。
豚や馬の胎盤を使用する場合も農場が厳しい検査基準を設け、十分な管理下で製造されています。
またこのように衛生的な原料であれば、最小限の殺菌処理で済みますので結果として製造工程の中で壊れてしまう有効成分を減らすことができます。
これらのことから医療機関やサプリメントで提供されるプラセンタは安全で高い品質であるといえます。

稀に生理時期が早まったり出血量が増えるなどの変調をきたすことがあります。
また胃痛や軟便の症状が出ることもありますが、大体の場合はプラセンタを飲み始めてすぐの時期に起こります。
ただし、ほとんどの場合はしばらくすると身体の機能が正常化されて自然と治まっていきます。

アトピー性皮膚炎の悪化やアレルギー反応による浮腫みや全身に紅斑が出た事例もあります。
アレルギー体質の方はプラセンタに対するアレルギーがないことをパッチテストなどで事前にチェックすることも大切です。
常用している薬などにより肝機能が低下している場合は肝障害を起こす可能性もあります。
少しでも心配な場合は信頼できる医師に相談しましょう。

トップに戻る