Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

プラセンタ注射の効果は方法によって変わる?

プラセンタ注射は、化粧品を使ったりサプリメントを飲んだりするよりも即効性があるといわれています。
そして、注入する場所(組織)によって効果が変わってきます。
効く、効かないという事ではなく、即効性があるか、持続性があるかという違いです。

点滴は最も即効性がある方法です。
プラセンタが入った注射剤を、ゆっくり静脈に送り込んでいきます。
血液と共に全身をめぐるので、効果を早く実感出来ますが、持続性はありません。
注意しなければならないのは、この方法は厚生労働省の認可を受けていないという事です。
万が一事故が起こった時、救済の対象にならない事があります。

筋肉注射は、筋肉が多い部位にプラセンタを注入します。
薬剤が少しずつ広がっていくので、即効性はありませんが、効果が持続します。
ただし、深く針を刺すため、他の方法より痛みを伴う場合があります。

皮下注射は、筋肉注射より即効性はありませんが、一番持続性があります。
皮膚組織からゆっくり浸透していくからです。
プラセンタ注射剤には2種類ありますが、どちらにも対応しているのは皮下注射です。
最も安全性が高いといえるでしょう。

プラセンタは腕や尻に注射する事が多いのですが、基本的に体のどの部分でも効果は変わりません。
注射されたプラセンタは全身を循環するからです。
ただ、肩こりの場合は肩に、目の下の血行不良によるクマの場合は顔等、患部の近くに注射する事もあります。

トップに戻る