Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

プラセンタってどんな種類があるの?

美容のためにプラセンタを摂っているという人は少なくありません。
しかし、しっかりとその中身まで吟味して摂取しなければ、期待している効果が得られない可能性もあります。
そもそもプラセンタと一言で言っても、その原料は一つではなく、いくつかの種類があります。

大きく分類して、ヒト、ウマ、ブタ、羊、そして植物に由来するのものです。
狂牛病が流行する以前にはウシ由来のものもありましたが、今では使用禁止となっています。
ただ、海外で取り扱われているプラセンタの中にはウシ由来のものもあるようなので、しっかりと内容を確認してから摂取するようにしましょう。

広く知られているのが、胎盤から抽出されるヒト由来のプラセンタです。
しかしこちらは現在市販されてはおらず、医療現場でのみ使うことが認められています。

サプリメントや健康食品としてもっとも多く流通しているのは、ブタのプラセンタでしょう。
ブタの組織がヒトと非常に似ているということが、その理由のようです。

アミノ酸の含有量が豊富で今注目を集めているのが、ウマのプラセンタです。
ウマのプラセンタはブタのおよそ200倍以上のアミノ酸が含まれているといわれています。

また日本では出回っていませんが、身近な家畜として飼われていることもあり、ヨーロッパやニュージーランドなどでは羊のプラセンタも有名です。
そして化粧品などに使われることが多いのは、植物由来のものです。
人の胎盤に当たる胎座という部分を使い、プラセンタとして使用します。

トップに戻る