Placenta Guide Web
プラセンタのコスメ・サプリを徹底比較!
美肌と美白を目指す女性をサポートします(^^♪

プラセンタの歴史を紐解く

美容効果が高く、ダイエットや疲労回復にも有効なプラセンタ。
プラセンタを配合したサプリメントや化粧品は数多く出回っていますが、そもそもプラセンタが使われるようになったのは一体いつ頃の事なのでしょうか。

プラセンタの歴史は非常に古く、紀元前まで遡る事ができます。
病気の治療目的で最初にプラセンタを使ったのは古代ギリシャの医師ヒポクラテスです。
傷の自然治癒力を高める薬として用いたとされており、プラセンタには優れた薬理作用があると、この頃からすでに知られていた事が分かります。
美容・若返り目的で使っていたのはクレオパトラ、マリー・アントワネット、楊貴妃です。
また、秦の始皇帝はプラセンタを不老長寿の妙薬とし、唐の時代には漢方薬として珍重されるようになりました。

現在行われているプラセンタ療法の基礎が築かれたのは1930年代のソ連です。
低温保存・完全滅菌したプラセンタを皮下組織に注入する組織療法が開発され、その後日本でもプラセンタの研究が本格的に始まります。
食料事情が悪かった戦中戦後はプラセンタ製剤が貴重な栄養源として話題を呼び、重宝されました。
1959年には肝機能改善のためのプラセンタ注射薬が作られ、1967年に厚生労働省から医薬品としての認可を受け現在に至ります。

一般に広く知られるようになったのは比較的最近の事ですが、実際には古代からずっと利用されてきた歴史の長い成分なのです。

トップに戻る